【効果が高い葉酸サプリ】妊婦がおすすめする安心サプリ5選!

【効果が高い葉酸サプリ】妊婦がおすすめする安心サプリ5選!
この記事の所要時間: 1940

妊活中のプレママや妊娠している妊婦さんには、『葉酸』はとっても大切な栄養素。

活発な『細胞分裂期』に入っている妊娠初期の胎児は、あなたが摂取した葉酸の働きによって元気で健やかに成長してくれます。

お腹の赤ちゃんに元気に育ってもらうためにも、吸収効果が高い葉酸サプリを摂取するようにして葉酸不足にならないことが不可欠!

もしあなたがまだ葉酸サプリを飲んでいないのでしたら、なるべく早く摂取を始めるようにしましょう。

そこで今回は、「葉酸にはどのような効果があるの?摂取しないとどうなるの?」「安心して飲めるオススメの葉酸サプリはどれ?」といった不安や疑問にお答えしていきたいと思います。

それでは早速みていきましょう~!

記事内容

知らないと損する「葉酸サプリの正しい選び方」7つ

知らないと損する「葉酸サプリの正しい選び方」7つ

病院や産婦人科医に『葉酸を摂取するように』と言われても、

「葉酸のサプリメントにはたくさんの種類があって、どれを選べば良いのかよくわからない」

「は何を基準に買えば良いの?効果が高い葉酸サプリはどれ?」

と感じているんじゃないでしょうか?

そこで、妊活中のプレママさんや妊娠中の妊婦さんが『葉酸サプリ』を選ぶ際に気を付けたいポイントを「7つ」ご紹介しますので、納得できるサプリ選びをする参考にしてくださいね。

1.吸収率が高い合成葉酸「モノグルタミン酸型」が配合されている?

先ほども少しお伝えしましたが、厚生労働省が推奨している葉酸摂取は、合成葉酸『モノグルタミン酸型』での摂取を推奨しています。

赤ちゃん(胎児)や体のことを考えると、天然葉酸が安心できますし、自然成分でからだに良さそうと感じますよね?

ですが、天然葉酸をいくら摂取してもからだに吸収される為には、一度『吸収率の高いモノグルタミン酸型の葉酸』に変化してから体内へ吸収される必要があります。

そして、一般的な『合成葉酸』による胎児と母体への影響は、公式には見つかっていません。

むしろ、合成葉酸を摂取した場合の胎児と母体への効能に注目され、国として公式に推奨されています。

ですので、『天然』『合成』という言葉にまどわされず、葉酸をしっかり摂取するためには迷わず『合成葉酸-モノグルタミン酸型』で生成されてる葉酸サプリを選ぶようにしましょう!

どうしても気になる方は、完全オーガニックの『自然成分由来葉酸(もちろんモノグルタミン酸型)』を検討してみては?

2.充分な量の葉酸が含まれている?

十分な量の葉酸(モノグルタミン酸型)が摂取できるサプリメントなのか、確認しておく必要があります。

厚生労働省が推奨している『1日400μg』を摂取するために、サプリメントに含有される葉酸の量をチェックしましょう。

3.他の栄養素も一緒に摂れる?

妊活・妊娠中の葉酸摂取は大切。

ですが、他の栄養素も同時に重要となりますので、一緒に摂取できるととても効率的ですよね。

特に妊娠中に必要な栄養素は下記のとおり。

  • 鉄分
  • カルシウム
  • ビタミン
  • ミネラル

これらの栄養素の摂取も、食事からだけでは十分な量を補うことは難しくなります。

上記の栄養素も配合されている葉酸サプリであれば、葉酸摂取と同時に他の重要な栄養素も摂取できるのでオススメですよ。

4.品質をチェックする「GMP準拠工場」で作られたサプリ?

いくらサプリメントに含まれる成分が安心できても、サプリメントが作られている工場でどのような工程で作られているのか分かりませんよね?

もしかすると、明記している原材料名と異なる材料が混入されるかもしれませんし、『葉酸400μg配合』と明記されていても実際にはその半分しか配合されていないかもしれません。

それらの不安要素を払拭してくれるのが、【GMP(=Good Manufacturing Practice)】という工場規格の認定制度です。

GMPに認定された工場では、定期的に品質のチェックを受けていますので、サプリメントの品質にも安心できるということなんですね。

厚生労働省も、GMP準拠工場で作られた健康食品にだけ付けられる『GMPマーク』を目印に、サプリメント選びをするように推奨しています。

5.危険性はない?安心・安全な材料や添加物が使われている?

添加物は一般的にはあまり良い印象はありませんよね。

ですが、添加物にも危険性の高いものと安全なものがあるのが事実です。

  • 着色料
  • 保存料
  • 漂白剤
  • 防カビ剤

などが、妊娠時には特に気を付けたい代表的な添加物になります。

これらの化学合成添加物が含有されているサプリメントは、なるべく避けるようにしましょう。

6.つわりの時でも飲みやすい形状・大きさや匂い?

妊娠中はつわりがひどくてサプリメントを飲めない、錠剤が苦手、という人も少なくありません。

ですが、葉酸はしっかり毎日摂取すべき栄養素!

葉酸サプリを選ぶ際は、なるべく飲みやすい形状・大きさかどうかも基準にした方が良いです。

また、香料を使用している錠剤には匂いがある場合があるので、ニオイづわりの症状がある妊婦さんには飲むのが辛くなってしまいます。

葉酸サプリを選ぶときは、『香料が未使用』、『飲みやすい錠剤のサイズ』になっているか確認すると良いですよ。

7.放射能チェックをしっかり行われたサプリ?

毎日口にするものなので、放射線量をしっかりチェックされているサプリメントの方が安心できます。

セシウムやヨウ素など、放射線物質が検出されていないことを証明されている葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

妊婦がおすすめ!人気の葉酸サプリメントをランキングで5つご紹介!

それではここで、上記の「葉酸サプリの正しい選び方」の条件を満たしている葉酸サプリを、人気順にランキング形式にしてみましたので見ていきましょう!

葉酸サプリの購入を比較検討するときは、この一覧を見て頂けるとわかりやすいと思います。

【1位】はぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸
葉酸の含有量  葉酸のタイプ 

500μg(3粒当たり)
◎ (自然成分由来葉酸)
モノグルタミン酸型
他の栄養素 無添加 放射能✓ 錠剤サイズ
◎( 0.9cm)
価格 
【定期便:1,980円(税込)】
【単品:6,980円(税込)】
はぐくみ葉酸はこんなサプリ 
『はぐくみ葉酸サプリ』は合成葉酸と同じモノグルタミン酸型のサプリになりますが、無農薬のオーガニックレモンから抽出された『自然成分由来の天然原料で作られた』葉酸サプリになります。サプリメントでの葉酸摂取はモノグルタミン酸型葉酸が推奨されていますが、合成原料のものがほとんど。合成葉酸でも全く問題ないのですが、「どうしても合成原料に不安がある」「赤ちゃんの為にも完全天然成分で安心したい」という妊婦さん向けに開発された葉酸サプリです。自然食材から抽出された成分からモノグルタミン酸型葉酸に生成する為にはコストがかかりますが、こちらの『はぐくみ葉酸サプリ』はお値段もリーズナブル。他の葉酸サプリと比べても安い金額で1日当たり500μgの葉酸を摂取することができます。

【2位】ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ
葉酸の含有量  葉酸のタイプ 

400μg(3粒当たり)
○ (天然酵母含有-合成葉酸)
モノグルタミン酸型
他の栄養素 無添加 放射能✓ 錠剤サイズ
◎( 0.9cm)
価格 
【定期便:3,980円(税込)】
【単品:5,980円(税込)】
ベルタ葉酸はこんなサプリ 
とても人気のある葉酸サプリになります。天然酵母に合成葉酸を含有させる製造方法で、体内への吸収率をさらに高めてくれ、効率よく葉酸を摂取することができます。また、葉酸以外の栄養分の配合にもこだわっており、ミネラル・ビタミンはもちろん、鉄分とカルシウムの成分量もトップクラスの実績。美容成分も配合されている為、妊娠中に悩みがちなお肌の調子や便秘などの解消にも役立ちます。

【3位】BABY葉酸~ママのめぐみ~

BABY葉酸~ママのめぐみ~
葉酸の含有量  葉酸のタイプ 

400μg(4粒当たり)
○ (合成葉酸)
モノグルタミン酸型
他の栄養素 無添加 放射能✓ 錠剤サイズ
◎( 0.9cm)
価格 
【定期便:4,980円(税込) 】
【単品:6,980円(税込)】
BABY葉酸はこんなサプリ
吸収率の高い『合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)』 で製造された葉酸サプリです。『BABY葉酸』が他の葉酸サプリと違う点は、マカやココナッツなどの妊娠前~妊娠中~授乳期まで必要になる成分がたっぷり配合されていること。美容と健康維持も期待できるので、お腹で元気な赤ちゃんを育てながら、ママさん自身の健康もしっかり維持してくれます。また、プラセンタや乳酸菌、コラーゲンなどの配合成分の、原材料の最終加工国の明記もされていて、とっても安心感のある葉酸サプリになります。

【4位】Lara Republi(ララリパブリック)

Lara Republi(ララリパブリック)葉酸サプリ
葉酸の含有量  葉酸のタイプ 

400μg(4粒当たり)
○ (合成葉酸)
モノグルタミン酸型
他の栄養素 無添加 放射能✓ 錠剤サイズ
◎( 0.9cm)
価格 
【定期便:2,980円(税込)】
【単品:3,980円(税込)】
ララリパブリックはこんなサプリ 
ララリパブリックは、合成葉酸(モノグルタミン酸型)と無農薬の国産野菜から生成された『野菜ミックスパウダー』が配合されている葉酸サプリになります。国産野菜に含まれるポリフェノールや食物繊維まで、しっかり補えるのが嬉しいポイントですね。海外の主要各国での販売実績もあり、アメリカやフランスなどのサプリメント大国で販売数No.1に輝くなど、信頼性も高いですね。値段も安く、定期便コースで購入しても解約・中止はいつでも可能なので、お試ししやすい葉酸サプリです。

【5位】ジュンビー葉酸サプリ

ジュンビー葉酸サプリ
葉酸の含有量  葉酸のタイプ 

420μg(4粒当たり)
○ (乳酸菌K-1含有-合成葉酸)
モノグルタミン酸型
他の栄養素 無添加 放射能✓ 錠剤サイズ
◎( 0.8cm)
価格 
【定期便:1,980円(税込) 】
【単品:4,890円(税込)】
ジュンビー葉酸サプリはこんなサプリ
ジュンビー葉酸サプリは、お腹の中の赤ちゃん(胎児)に必要な葉酸を「必要な量をしっかり赤ちゃんにまで届ける」を実現させた葉酸サプリメントになります。さらに1g当たり1兆個の乳酸菌K-1を配合することで、葉酸吸収率をアップさせることに成功し、口コミサイトランキングで1位を獲得しています。出産経験のあるサプリ専門家によって開発されたので、効果についても信頼性が高い商品となっています。もちろん国産品ですし無添加なので安心して摂取できますね。

妊活や妊娠中の妊婦に葉酸はなぜ必要?理由はその高い効果にアリ!

葉酸について詳しく知ろう!効果や重要性は?

妊娠中の妊婦さんはもちろん、妊活中でも葉酸サプリの摂取がとっても重要になってきます。

「そもそもなんで葉酸サプリは、そんなに重要視されているの?」

と疑問に思いますよね。

そこでまずは、『葉酸が必要な理由』と、『不足してしまった場合に起こる影響』にはどのようなものがあるのかを、分かりやすくお伝えしたいと思います♪

葉酸とは?

葉酸とは、水溶性ビタミンの栄養素の1つで、ビタミンB群に属するアミノ酸になります。

この『水溶性』というのは、水に溶けやすく水分と一緒に体外に排出されやすい為に、身体に蓄積されずらいということ。

なので、妊娠中など重要な時期には、毎日しっかりと葉酸を摂取することが奨められているというわけなんです。

葉酸の1日の摂取量はどのくらい?

厚生労働省によると、妊娠を望む人と妊婦さんには、普段の食事で摂取できる葉酸摂取量に加えて、栄養食品等のサプリメントによる「毎日400μg (マイクログラム)の葉酸摂取」を推奨されています。

では、妊活中と妊娠中には『葉酸摂取』によってどのようなメリットがあるのでしょうか?

葉酸が不足するとどうなるの?摂取によるメリットとは?

葉酸には赤血球を作り出す作用があるために、不足してしまうと貧血などの原因にも…。

さらに妊娠前、妊娠中には、より多くの効果を得られるようになります。

妊活中(ベビ待ちさん)に得られる葉酸の効果

厚生労働省が推奨するとおり、妊婦さんだけでなく妊活中の人でも葉酸を摂取する必要があります。

葉酸を摂取することにより、

  • 子宮内膜強化
  • 子宮内血流促進

されるなど、受精卵を着床しやすくする高い効果を得ることができます。

子宮内の環境を『葉酸摂取』によって整えて、いつでも赤ちゃんを受け入れられるように準備をしておきましょう。

妊娠中(妊婦さん)に得られる葉酸の効果

妊娠中は特に『葉酸』の摂取が大切になります。

葉酸を積極的に摂取することで、胎児の『神経管閉鎖障害の発症リスク低減』の効果が期待できるためです。

葉酸不足は胎児の先天性異常の原因に

胎児の先天性異常などの発症リスクを下げることができる葉酸の代謝物が、健全な赤ちゃんを産むためにも重要な役割をしてくれているんですね。

欧米諸国ほど先天性異常の胎児の確率が高くない日本でも、葉酸不足が原因による胎児の先天性異常がみられる確率は高くなっていますので、しっかりと葉酸を摂取しないといけませんね。

赤ちゃんの成長のためには通常の約2倍の葉酸が消費される

妊娠中に葉酸の摂取が大切な理由がもう1つあります。

それは、お腹の赤ちゃんの成長には、通常の2倍の葉酸が消費されるから。

細胞分裂が活発な妊娠初期には、葉酸は必須の栄養素。

この栄養素が不足してしまうと、赤ちゃんが元気に育ってくれなくなります。

すくすく大きく育ってもらうためにも、妊婦さんには十分な量の葉酸の摂取が必要なんですね。

葉酸はいつからいつまで摂取したら良いの?妊娠前~授乳期まで推奨

葉酸の積極的な摂取が大切な期間となるのは、

『妊娠したい時期の数か月前~妊娠4ヶ月目』

となります。

これは、厚生労働省から推奨されている最低期間。

具体的には、妊娠が発覚したその日には、母体に葉酸による効果が十分あらわれている状態でいることが好ましいですので、妊娠希望の1ヶ月くらい前から葉酸サプリによって葉酸を摂取すると良いです。

そして、胎児の細胞分裂が1番活発な『妊娠初期』を超えて、妊娠4か月目以降に突入してからでも、普段より多く(食事以外に240μg)摂取することが推奨されています。

妊娠前~授乳期までは葉酸による効果が高いので、積極的な摂取を心がけましょう。

下記の表で確認いただくと、妊娠前~授乳期までの必要となる葉酸摂取量の目安が分かりやすいです。

時期 葉酸サプリによる摂取量
(厚生労働省推奨)
妊活中・妊娠前 1日400μg(マイクログラム)
妊娠初期
(妊娠1か月~4ヶ月)
1日400μg(マイクログラム)
妊娠中期~後期
(妊娠5か月~10ヶ月)
1日240μg(マイクログラム)
授乳期 1日100μg(マイクログラム)

参考文献:厚生労働省[日本人の食事摂取基準(2015年版)]

上記の表の【葉酸サプリによる摂取量】は、普段の食事で摂取できる葉酸摂取量に加えての目安になります。

時期による葉酸摂取の効果

  • 妊娠前:受精卵が着床しやすい子宮内膜の環境準備
  • 妊娠初期:胎児の神経管閉鎖障害の発症リスク低減・流産・出生後の自閉症リスクの低減
  • 妊娠中期~後期:胎児の正常な細胞分裂・成長促進、流産・早産、妊婦の高血圧・貧血予防、免疫力向上
  • 授乳期:母乳の生成促進・出産後の子宮回復

葉酸は食事から摂りづらいってホント?サプリでの摂取が効率的!

葉酸は食事から摂りづらい?効率良く摂取するために葉酸サプリを推奨!

ここまで、お腹の赤ちゃんと母体であるママさんにとって、『葉酸摂取』がどれだけ大切なのかをお伝えしました。

でも、推奨されている摂取量の400μgって、実際摂取しようとするとどのように摂取すれば良いのか分かりませんよね。

私たちが普段の食生活で摂取できている葉酸の量は、1日平均200~250μg前後※1となっているので、400μgがいかに多いか実感できると思います。

※1:参考資料:厚生労働省[平成 25 年 国民健康・栄養調査結果の概要]

普段の食事から400μg(マイクログラム)の葉酸摂取は難しい

例えば、1日の摂取量の目安である400μgをレタスで換算してみると、なんと約1玉分になります。

毎日レタスを1玉食べるのは、特につわりなどの症状がある妊娠時となると簡単ではありませんし、つらすぎますよね…。

食事から十分な葉酸を摂取するのは困難!

ということで、葉酸を効率よく摂取するためには『葉酸サプリ』を飲む方法が1番です。

葉酸には2種類あった!どう違う?

葉酸には、2つの種類が存在します。

  • 1つ目はポリグルタミン酸型の葉酸。
  • 2つ目はモノグルタミン酸型の葉酸。

聞き慣れない言葉だと思いますが、簡単にご説明すると、

ポリグルタミン酸型の葉酸=天然葉酸(食材に含まれている自然成分)

モノグルタミン酸型の葉酸=合成葉酸(人工的に生成された加工成分)

となります。

ではそれぞれどう違うのか、各葉酸の特徴をもう少し深くみていきましょう。

ポリグルタミン酸型

食品に自然に含まれるオーガニックな葉酸が、ポリグルタミン酸型葉酸になります。

どんな葉酸なのかというと、アミノ酸の一種であるグルタミン酸が複数結合している状態で、体内へはこの状態では吸収されることはありません。

ポリグルタミン酸型葉酸が含まれる代表的な食材を、一部ご紹介します。

葉酸を含む食材の名称
海苔 パセリ 牛・豚・鶏のレバー(肝臓)
わかめ 大豆 切干大根
ほうれん草 キャベツ ブロッコリー
レタス アスパラガス まいたけ

参考文献:文部科学省【食品成分ランキング「キーワード:葉酸」】

これらは一部ですが、意外と葉酸を含む食材は多いことが分かりますね。

モノグルタミン酸型

モノグルタミン酸型葉酸は、上記のポリグルタミン酸型葉酸が【小腸粘膜にある酵素によって分解された状態】のものになります。

この状態の葉酸は、グルタミン酸の結合状態が『単体結合』となり単純な構造となっているために、体内へそのままダイレクトに吸収されます。

  • モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸

というイメージが強いのですが、実際には天然の葉酸も一度この形に分解されてから栄養分として体内に取り込まれるんですね。

合成葉酸

モノグルタミン酸型葉酸を含むサプリメントは、ほとんどの製品が『合成葉酸』で作られています。

合成原料を使用して作られた葉酸サプリは、人工的に製造されている為に、年中高い品質で安定しやすく、価格も低く抑えられるという特徴があります。

自然成分由来葉酸

基本的には合成葉酸の摂取による弊害は確認されていませんが、やはりどうしても天然原料じゃないないと体内に摂取したくないという方々の為に、ここ数年で自然成分由来のモノグルタミン酸型葉酸を凝縮して作られた葉酸サプリが登場しました。

葉酸としての効果は合成葉酸と同等ですが、コストが高くなっても安心感が欲しい『完全なオーガニック(自然成分)にこだわりたい方』にはオススメの葉酸サプリです。

厚生労働省が推奨している1日の葉酸摂取量は、このモノグルタミン酸型葉酸を摂取する場合での算出値となりますので、サプリメントではこちらのタイプのモノグルタミン酸型葉酸で生成されているかどうかがポイントになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、『葉酸摂取の重要性』と『おすすめの葉酸サプリ5つ』についてご紹介しました。

葉酸の摂取は、

  • 妊娠を計画している人
  • 妊娠中~授乳中のママさん

にとっては、胎児・乳児・妊婦さんのカラダの健康の為にとっても重要になります。

特に胎児の『神経管閉鎖障害の発症リスク低減』には高い効果がありますので、元気な赤ちゃんを生むためにも積極的に『葉酸サプリ』を摂るように心がけましょう。

  • 葉酸摂取は胎児が健康で元気に発育するための重要な栄養素
  • 妊娠前・妊娠中は『毎日400μg (マイクログラム)の葉酸摂取』が好ましい
  • 葉酸を摂取するときはモノグルタミン酸型の葉酸サプリ推奨
  • つわりの時でも飲みやすいサイズの葉酸サプリがおすすめ
  • 無添加・放射線チェック済など品質が高い葉酸サプリを選ぶ

など、今回お伝えしたことを参考に、あなたに合った葉酸サプリを選んでくださいね。