妊婦でも安心!妊娠による便秘を改善してくれる食べ物まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今まで便秘とは無縁であった女性の方でも、妊娠した途端に便秘になることが増えてくることも。

ただでさえ体質変化によるつわりや大きなお腹で大変な時期なのに、便秘の悩みまで加わってしまうのは妊婦さんにとっては何としても避けたいですよね。

「何で妊娠すると便秘になりやすいの?」

「妊娠中でも便秘薬って飲んでいいの?」

「妊婦でも安心して食べられる便秘に良い食べ物って?」

などなど、妊娠による便秘の原因が知りたくなったり、何とか改善出来る方法はないのか気になりますよね。

特に妊娠中に人一倍気を付けていることと言えば『食べ物』、実は妊娠中の便秘は食べる物を意識することで改善効果が期待できるんですよ!

そこで今回は、妊婦さんでも安心して食べられる『妊娠中の便秘を改善してくれる食べ物』を紹介していきます!

それでは早速見ていきましょう!

薬に頼らないで毎日快適に!
\天然酵母で作られたこんにゃくゼリー/

妊娠すると便秘になりやすいのはなぜ?

妊娠すると便秘になりやすいのはなぜ?

そもそも妊娠をすると便秘になりやすいのはなぜなんでしょう?

便秘には様々な原因が考えられますが、妊娠中に便秘になりやすい一般的な原因を説明します。

ホルモンの影響

妊娠をすると黄体ホルモンという女性ホルモンが分泌されます。

この黄体ホルモンには妊娠を維持する働きがありますが、それと同時に体内に栄養を蓄えてくれる作用もあります。

元気な赤ちゃんを育てるためには嬉しい作用な反面、母体である身体に水分を蓄積していくことになるので、その分便に含まれる水分量が減少してしまいます。

その結果、便秘になりやすくなる原因に…。

ストレスや食べ物の変化

妊娠すると、身体やホルモンバランスの変化が原因となって、大きなストレスを感じるようになります。

このストレスが自律神経を乱してしまい、便秘が引き起こされてしまう場合があります。

また、つわりで食の好みが変わることもあるので、食生活が偏ってしまって便秘に繋がるケースもあります。

子宮が腸を圧迫

妊娠が継続されていくと、子宮も胎児の成長と共に大きくなります。

そうなると大きくなった子宮が腸を圧迫し、便がスムーズに流れなくなってしまいます。

便が腸内で長く滞在すればするほど、便の水分は奪われて硬くなり便秘になってしまいます。

スポンサーリンク

妊婦でも安心して食べられる食品は?

妊婦でも安心して食べられる食品は?

ここまで、妊娠中になりやすい便秘の原因について見てきましたが、実際にツライ便秘を解消するためにはどのような食べ物を摂取すると良いのでしょうか?

妊娠中に摂取した栄養が直接お腹の赤ちゃんに運ばれることを考えると、もちろん安心で安全な食べ物を摂りたいですね。

では早速、妊婦さんにオススメしたい便秘改善の食べ物をご紹介します。

乳酸菌が含まれる食べ物

便秘といえばやはり乳酸菌と考える方も多いと思います。

乳酸菌が多く含まれている食べ物には、ヨーグルト、味噌、ぬか漬け、塩麹、キムチなどがあります。

乳酸菌は胃酸によりほとんどが死んでしまいますが、その死骸が腸内細菌のエサとなり、善玉菌の働きを活性化させる働きがあります。

また、乳酸菌の中には生きたまま腸まで届く乳酸菌(プロバイオティクス)もありますので、より効果を得たい方は試してみるのもいいですね。

乳酸菌が含まれている食べ物はスーパーなどで手軽に手に入りますし、日々の食事の中で積極的に摂りたいですね。

オリゴ糖が含まれる食べ物

腸内の善玉菌の働きを活性させるためにお勧めなのがオリゴ糖です。

オリゴ糖にはプレバイオティクスという機能があります。

プレバイオティクスとは下記のように定義されています。

  1. 腸より上の消化器官で消化・吸収されない
  2. 大腸に存在する乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、それらの細菌の増殖・活性に貢献する
  3. 腸内フローラ(腸内環境)を整え、健康増進に役立つ

上記の定義に当てはまるオリゴ糖は、積極的に摂取することで腸内環境を整えてくれるので便秘解消が期待できます。

オリゴ糖が含まれる食べ物にはきな粉、ゴボウ、玉ねぎ、納豆、はちみつ、バナナがあります。

ヨーグルトにバナナやはちみつを加えてみたり、みそ汁の中に玉ねぎを足すだけで乳酸菌とオリゴ糖を一度に摂取できますね。

食物繊維が含まれる食べ物

便秘解消と言えば食物繊維も有効ですが、食物繊維には

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

の2種類があります。

種類によって体への効果も変わりますのでバランスよく摂取したいですね。

では、それぞれの食物繊維について説明します。

水溶性食物繊維
水溶性食物繊維はわかめなどの海藻類やオクラ、サトイモといったネバネバした食材の粘性物質に多く含まれています。水溶性食物繊維は腸内で水分を取りこみ、便に水分を含ませるので便秘解消に効果的です。

また、糖やコレステロールの吸収を穏やかにする作用もありますので、体重が増えやすく血糖値も高くなりやすい妊娠中にはお勧めの食べ物です。

不溶性食物繊維
不溶性食物繊維はきのこ類やゴボウ、豆類、いも類など繊維の多い食品に含まれています。

不溶性食物繊維は胃で消化されず腸まで届き、腸内で水分を吸収することにより何倍にも膨れ上がります。その結果、便をかさ増しさせ腸の蠕動運動を促進させる効果があります。

そして、食物繊維も先ほど述べたプレバイオティクスの一種ですので、食事をするときは意識して摂取したいですね。

酵素が含まれる食べ物

実は酵素も便秘解消に有効です。

酵素といえば何を想像されるでしょうか?

酵素は生野菜(だいこん、にんにく、しょうが、玉ねぎ)、果物(キウイ、バナナ、パイナップル、メロン、リンゴ)に多く含まれています。

酵素には腸内環境を整える働きがあり、便秘を解消するのに有効です。

しかし気を付けていただきたい点は、酵素は加熱すると失活※1してしまいますので摂取する際は非加熱の状態にしましょう。

※1…酵素の効果・活性作用が失われてしまうこと

酵素の加熱を避けてしっかりと摂取する為には、フルーツでの摂取がオススメですが、毎日続けて食べるためには食費がかさんでしまいます。

さらに妊娠中であれば、今まで大好きだったフルーツの匂いがつわりの原因になってしまうことも…。

そんな時にオススメな酵素の摂り方として、酵素をこんにゃくゼリーで摂取する方法があるんです♡

「いちずな酵素」公式HP https://www.favorina.com/

いちずな酵素

こちらのこんにゃく酵素ゼリーは、妊娠中の便秘対策に効果的な『天然酵素』だけでなく、『食物繊維』も豊富に配合されています。

これ1つで便秘に良い要素を2つも摂り入れることができちゃうので、食欲がなかったり動きにくい妊娠中にはとっても重宝するハズ♪

参照:https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZLGCN+GCTQ2A+2H3I+HV7V6

便秘を改善して楽しいマタニティライフを

今回は、『妊婦の方でも安心して摂取できる食べ物』を紹介しました。

でも、いくら安全と言われている食べ物でも、極端に大量摂取すれば良いというわけではありませんし、身体にも好ましくありません。

一日の食事の中でバランスを取りながら、無理のない範囲で摂取するようにしましょう。

また、食べ物だけで便秘が改善しない場合は、市販薬ではなくお医者さんに相談してみて下さい。

今回の記事を参考に、妊娠中の便秘に悩みを少しでも軽減して、素敵なマタニティライフを過ごしてくださいね。

薬に頼らないで毎日快適に!
\天然酵母で作られたこんにゃくゼリー/

The following two tabs change content below.
mamaslife
★年齢:永遠の20代  ★住まい:大阪  ★職業:看護師  ★子供:2人  ★★★ 夫とブログを一緒にしています。 子育てしながら、ICUや病棟で働いており、日々勉強(^.^) ブログで勉強のメモ代わりに・・・(笑)

スポンサーリンク



スポンサーリンク



妊活中のプレママ、妊娠中のママにおすすめする効果の高い葉酸サプリ5選をご紹介!

こちらの記事が参考になりましたら是非シェアしてください

ABOUTこの記事をかいた人

mamaslife

★年齢:永遠の20代  ★住まい:大阪  ★職業:看護師  ★子供:2人  ★★★ 夫とブログを一緒にしています。 子育てしながら、ICUや病棟で働いており、日々勉強(^.^) ブログで勉強のメモ代わりに・・・(笑)