高血圧にはキトサンが効果的?原因とその対処方法をご紹介

高血圧にはキトサンが効果的?原因とその対処方法をご紹介
この記事の所要時間: 1115

今、高血圧で悩まれているのであれば、高血圧の対処方法として『キトサンの摂取』が効果的でおすすめです。

まず初めに高血圧とは、血管に過度の圧力がかかっている状態を指します。

そして、自分が高血圧だという自覚が少ない人が多く、放っておくと様々な疾患を引き起こす可能性がありますので、改善していくことが大切です。

そこで今回は、高血圧の原因や対処方法について書いていきたいと思いますので是非、参考にしてください。

また、高血圧の予防や改善に効果が期待できる“キトサン”についても詳しくご紹介していきますよ♪

それでは早速見ていきましょう!

TVでも話題のキトサンサプリ!
\今なら初回お届け30%OFF/

ラ・ミューテ公式サイトはこちら

世界で最も多い死因とは

米ワシントン大学(University of Washington)の健康指標評価研究所(IHME)の研究論文「世界疾病負担調査」による死因トップ10

みなさんは、世界で一番多い死因をご存知ですか?

右のランキング画像は、世界の死亡リスクが高い死因の上位10位まで掲載しています。

2015年に英医学誌『ランセット』に発表された、米ワシントン大学(University of Washington)健康指標評価研究所(IHME)の研究論文「世界疾病負担調査」によると、2013年に3080万人を死に至らしめた79の死因リスクを分析した結果、世界一多い死亡の原因は高血圧であることが分かりました。

高血圧が原因のひとつである心疾患や脳疾患などの病気は、日本人の死因の約4分の1を占めます。欧米では心筋梗塞が多く、そのどちらも高血圧との因果関係が深い病気です。

なんと日本人の3人に1人が高血圧!原因は?

実は、日本人の3人に1人が高血圧なんです!

日本人の高血圧の原因は、塩分の摂りすぎです。

日本人が塩分を摂りすぎてしまっている理由として様々な原因があるのですが、そのうちの一つに塩分が高い和食が原因があります。

和食は沢山の種類の食材をバランスよく摂取でき、健康や美容に良いヘルシーな食事として世界的にも有名ですよね。

でも、料理をするうえで気をつけておかなければいけないのが、人によって味覚が違うので塩加減の微妙な調整が難しいということです。

なぜ日本人の食事は塩分が多いのか

まず、塩分の多い料理としてはお味噌汁やお漬物、梅干しや魚の塩焼きなどがあります。

梅干し1個、または魚1尾の塩焼きには、2g~3gもの塩分が含まれています。

これらの塩分が多い食生活が高血圧の原因の一つになります。

厚生労働省推奨している1日あたり塩分摂取量の目標値は男性が8g、女性が7gを基準としています。

世界保健機関(WHO)が発表している1日塩分摂取量の目標値は5g未満です。

ですが、厚生労働省が発表した「平成25年国民健康・栄養調査結果の概要」成人の1日あたりの塩分平均摂取量によると男性が11.1g、女性が9.4gという結果になりました。

このことからわかるように日本人はかなり塩分を摂りすぎているということがわかります。

高血圧の仕組みと基準

そもそも高血圧とは、収縮期血圧が140㎜Hg以上、または拡張期血圧が90㎜Hg以上になる病気です。

ようするに血圧が持続的に上昇した状態のことです。

血中塩分濃度が上昇すると、それを正常値に保とうと血液量が増えるために、血液を全身に送り出すポンプである心臓へ大きな負担がかかってしまうのです。

高血圧の原因は様々

高血圧の原因は塩分だけが原因ではありません。

更年期に入り血圧が気になる人も多くいる一方で、他にも高血圧の原因として、

  • アルコール
  • 喫煙
  • 肥満
  • ストレス
  • 姿勢

などが挙げられます。

では、それぞれの対処方法とあわせて詳しく見ていきましょう。

アルコールの飲みすぎ

アルコールの飲みすぎ

少量のアルコールは体に良いとされていますが、アルコールもやはり摂りすぎると血圧が上がっていきます。

お酒の中に入っているアルコールには、血管の収縮反応を高める働きや心拍数を早くする交感神経の活動を活発的にする働きを持っています。

ここが対処ポイント!

人にもよりますが、1日に飲む適量としては、日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本、ウイスキーなら2杯、ワインなら2杯と決められておりますのでこの量を超えないように心がけましょう。

喫煙

喫煙

たばこに含まれているニコチンは、血管を狭める働きがあります。

そうすると、心臓が今まで以上の力で血液を送り出さなければいけなくなり血圧が上昇します。

そして、たばこを吸って一酸化炭素を吸うことによって、ヘモグロビンが酸素を運んでくれる働きが弱くなり、血液中の酸素が減り、体が酸欠状態になります。

ここが対処ポイント!

喫煙されている方は、早い段階で禁煙するように心がけましょう。

肥満

肥満

肥満ももちろん高血圧の原因です。

肥満にはタイプが2つあり、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満がありますが、高血圧と関係があるのは内臓脂肪型肥満の方になります。

ここが対処ポイント!

隠れ肥満の人やお腹が出ている人は注意して、肥満改善を行いましょう。

ストレス

ストレス

人間は、心理的な圧を感じると、交感神経が活発になり、興奮物質が血液中に放出されます。

興奮物質が血中に放出されると心拍数が上がります。

また、ストレスには慢性と急性があります。会社の上司から毎日小言を言われたり、パワハラをされたりして感じるのが慢性、事故をした時の恐怖や強い痛みなどで感じるものが急性です。

ここが対処ポイント!

ストレスで急激に高血圧にならないように原因を取り除く工夫をするようにしましょう。

猫背

猫背

実は姿勢も高血圧と関係がある原因の1つです。

猫背は前かがみの姿勢になってしまっていますよね。

すると、心臓から脳に血液を送る動脈に圧がかかり、血流がだんだんと弱くなります。

心臓は血を体中に送り出すのが仕事ですから、その血を送り出す力を強めるために血管の圧が上がり、結果的に高血圧になってしまうということです。

ここが対処ポイント!

猫背だけでなく、体の歪みなどを正すことによって内臓の働きは良くなりますので、日頃から自分の姿勢を意識して改善していきましょう。

このように高血圧の原因は様々あります。

普段の生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけるようにして、できることから対処していくようにしましょう。

高血圧と塩分との関係

塩分を摂りすぎると高血圧になる、高血圧の治療では塩分の摂取を控える、など言ってきましたが、では塩分と高血圧は一体どのような関係があるのでしょうか。

まず、塩分には水をくっつける働きがあります。

塩分を余分に摂りすぎると、その濃度を薄めようとするために生理的に水分補給をするのですが、これによって血の量が増えるので、心臓が大きな力を必要となって血圧が上昇します。

そうすると、貯めていた、水分や塩分を腎臓から排出する為、さらに血圧が上昇します。

そして塩分には血管を収縮させる働きをもつ交感神経を緊張させる作用があります。

塩分を摂りすぎると血管を縮める働きが活発になり血圧が上昇します。

しかし、塩分の摂りすぎはもちろん良くありませんが、塩分は人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですので全く摂取しないというのも良くありません。

そして、程よい運動をして汗をかき塩分を体外に出すことも大事です。

腸内細菌が高血圧を誘発している!?

愛媛大学の奥田教授・広島女子大学の加藤教授らの研究で、腸内細菌が高血圧を引き起こすことが、動物実験で明らかになっています。

研究者は、血圧が正常なラットと、高血圧のラット、それぞれのグループの腸内細菌を採取してから正常な方の細菌を高血圧のラットに投与し、高血圧の方の細菌を正常なラットに投与するというものでした。

すると、正常だったはずのラットが高血圧になり、高血圧だったラットは血圧が著しく下がったわけではないのですが高血圧ではなくなったのです。

このように腸内細菌と高血圧が関係していることがわかりますので、血圧を下げるためにも対処していく必要が出てきます。

生活習慣を見直そう!高血圧の予防と改善のキーワードは「キトサン」

生活習慣を見直そう!高血圧の予防と改善のキーワードは「キトサン」

ここまでのご紹介で、塩分の摂りすぎが高血圧になりやすくなることが分かっていただけたと思います。

高血圧とは、普段の生活の乱れが積み重ねによって起こる病気です。

なので、まずは運動不足や偏った食生活を見直し、健康的な生活をして血圧を下げる対処をしていくことが大事です。

でも、生活習慣をいきなり変えるということは、かなりの努力と強い意志が必要になってしまいますよね。

仕事などから帰ってきてウォーキングに行ったり毎日、三食の食べるものなどに気をつけたりと、明日から始めようと思ってもなかなか継続は難しかったりしませんか?

そこで、高血圧の予防や改善のサポート役として役立つのが、これから紹介する「キトサン」です。

このキトサンには、様々な効果や効能があります。

動物性食物繊維のキトサン

キトサンとは?

キトサンとは、動物性食物繊維キチンというカニの甲羅やエビの殻、イカの軟骨などの甲殻類の殻に含まれるものを処理して抽出したものを言います。

キトサンには塩分を吸着して排泄してくれる効果が

人の実験では健康成人男性7人に塩分の多い食事をさせて、1時間後と3時間後に採血し、食事をとる前の摂取血液と比較して1週間後に同じ実験(但し、今度は食後にキトサン服用)をするという実験を行いました。

キトサンを服用しなかった実験では血圧が上昇しましたが、食後にキトサンを服用した実験では血圧が上昇しませんでした。

  • 食後にキトサンを服用しない⇒血圧が上昇
  • 食後にキトサンを服用⇒血圧の上昇を抑える効果

この実験でキトサンの効果によって、塩分を吸着して排泄してくれていることが分かります。

腸の調整にもキトサンが大活躍

血圧を抑制する効果のあるキトサンですが、さらに『整腸作用』もあると言われています。

下痢や軟便や便秘などの症状にもとても効果的です。

人間の腸には、様々な細菌がいますが、その中でも体に良いとされている細菌が『善玉菌』です。

腸内環境を整えるためには、この善玉菌を活性化させることが大事になってきます。

キトサンやオリゴ糖などに代表される食物繊維を摂取することで、その善玉菌のエサとなり活性化していく効果があります。

さらにキトサンのすごいところは、エサにならなくても接触するだけで同じ効果があるところ!

キトサンは、腸内を掃除したり善玉菌を活性化させたりと、腸にとっては最高のサポーターと言えるんですよ♪

手軽に摂取できるサプリがおすすめ

手軽に摂取できるカニから高分子サプリが効果が大きくおすすめ

キトサンが体にとても良い効果があるということは、わかってもらえたと思います。

腸内で活動している善玉菌を、いかにして元気に活動させるかということが、腸内環境を整える大きなポイントですね。

「でも、どうやって腸までキトサンを到達させるの?」

ここで登場するのがカニから高分子というサプリです。

近頃のキトサンサプリは、「水溶性なので体内へ吸収しやすく、効果をもたらす」というように謳っている商品を多く目にします。

ですが、キトサンは「水に溶ける=体内に吸収されやすい」から効果を得られるのではなく、体内に吸収されないことでキトサンの効能・効果を得られる所が大きいとされています。

こちらのカニから高分子サプリには、この記事で説明してきた健康的な腸にするために大事な成分、超高分子キトサン100万分子以上超低分子キトサンオリゴ糖(2000分子以下)を、腸内環境を整える最高のサポート役として機能するように、こだわって配合されています。

さらに女性や高齢者にも飲みやすいように一般的な錠剤よりも小粒になっています。

日常の生活を改善していくのはなかなか難しいことですが、まずは手軽に摂れるキトサンサプリで改善してみましょう!

TVでも話題のキトサンサプリ!
\今なら初回お届け30%OFF/

ラ・ミューテ公式サイトはこちら

 

高血圧にはキトサンが効果的?原因とその対処方法をご紹介

こちらの記事が参考になりましたら是非シェアしてください