便秘が悪化?妊娠中は薬の効果もイマイチ!こんなときどうしたらいいの?

便秘が悪化?妊娠中は薬の効果もイマイチ!こんなときどうしたらいいの?
この記事の所要時間: 252

もともと女性は便秘になりやすい体質なのに、おなかに赤ちゃんがいることで腸が圧迫されてさらに便秘が酷くなってしまうことがあります。

赤ちゃんへの影響を考えると普通の便秘薬を飲むことはできませんよね。基本的な対処の方法としては、かかりつけの婦人科で処方されるお薬を飲むことになりますが、
「もらった薬が効かない!」
というママさん達は少なくないようです。

なぜ便秘薬が効かないのか、今回はそのなぞを一緒に解いていきたいと思います。

頑固な便秘が薬で解消されないのはナゼ?

婦人科から処方されるお薬は、おなかの赤ちゃんに影響を与えないお薬です。そのため、効き目がイマイチと感じるママさんたちが多いんですね。

薬の効き目が普通の薬より若干弱く感じられるため、
「病院で処方された薬を飲んでいるのに便秘が改善されない!薬が全然効かない!」
と嘆くわけです。

普段であれば飲んで効果が出るお薬でも、やはり妊娠後期などおなかが大きくなってきて腸が圧迫されてしまうと、その薬の効き目も少なくなってしまうようです。

 

酷い便秘に陥ってしまう原因はいろいろありますが、例えば妊娠中ということで以前より体を動かす機会が減ってしまったとか、つわりなどが影響して水分をあまり摂らなくなったなど、少なからず便秘になってしまう環境を作り出してしまっていることが考えられます。

便秘をそのまま放置していると、出産時に赤ちゃんに悪影響があることを考えると、今のうちに改善しておきたいですよね。

妊娠中に便秘になると赤ちゃんに悪影響を与えるってホント?

2016.03.08

そこで、次のことを試してみましょう。

 水分補給と食べ物を意識して便秘改善へ

薬にばかり頼ると気持ち的にも参ってしまいますね。

早く便秘を解消させて体をすっきりさせたい、腸内環境を赤ちゃんのために整えてあげたいと気持ちが焦るばかりではないでしょうか。薬は飲む量が決まっていますから、それ以外に便秘を解消させるための工夫を取りいれていきましょう。

やはり水分は積極的に摂る事をお勧めします。

例えば、寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われていますね。寝起きに白湯を飲むことを習慣づけてみてはいかがでしょうか。

冷たい水も刺激があっていいのですが、冷たい水を飲み過ぎると体を冷やしてしまい、大切な赤ちゃんの体温も下げてしまうことに繋がりかねませんので、ママさん達には白湯をお勧めします。

それからやはり、食物繊維を含んだ食材を取り入れることもぜひ心がけてみてください。

食物繊維を豊富に含んだ食材として、根菜類がとってもオススメ!
とは言え、妊娠中は体を動かすのが大変なので、体調が良くて時間があるときなどに、まとめて多めの根菜類をカットして茹でるなど下処理をして冷凍保存しておいてください。

そのままレンジで温めれば温野菜として食べることができますし、トン汁や煮物にも使えますね。手間をかけず時間をかけず、おなかの赤ちゃんだけでなくママさん自身の体にも愛情を与えてください。

まとめ

ただでさえ女性が悩みがちな便秘…。妊娠中となるとさらにひどくなって、毎日の悩みの種ですよね。

ですが、今回の記事を参考にしてみてください。
便秘の薬だけに頼るのではなく、食物繊維を意識して摂取することで、ママさんの腸内を整えてあげます。そして水分を多く取ることで、便の水分不足を解消してあげて、スムーズに出てくるようにしてあげましょう。

妊娠中は、少し動くのものしんどいものです。毎日、少しずつ出来ることからしていきましょう!

便秘が悪化?妊娠中は薬の効果もイマイチ!こんなときどうしたらいいの?

こちらの記事が参考になりましたら是非シェアしてください