妊娠中に便秘になると赤ちゃんに悪影響を与えるってホント?

妊娠中に便秘になると赤ちゃんに悪影響を与えるってホント?
この記事の所要時間: 246

妊娠中だけでなく、妊娠前から便秘に悩んでいたママさんも多いのではないでしょうか。

妊娠前は特に便秘に悩んだりしたことがない場合でも、妊娠した途端に酷い便秘に悩まされるママさんは少なくありません。おなかに大切な赤ちゃんがいるので、赤ちゃんにどんな影響があるのか気になりますね。

そこで今回は、便秘が赤ちゃんに与える影響と、妊娠中の便秘解消にオススメの方法をご紹介します。

 腸内環境が悪いと赤ちゃんにどう影響するのか

まずは、便秘によって大切な赤ちゃんに悪影響があるのでは?…と心配されているママさん、安心してください。妊娠中に酷い便秘になってしまったとしても、直接赤ちゃんに大きな影響を与えるわけではなさそうです。

しかし、あくまでもこれは赤ちゃんがママさんのおなかの中にいるときの状態です。

問題なのは「出産時」です。

便秘状態のまま出産することで、腸内細菌が赤ちゃんに悪影響を与えることがわかっています。

実は、ママさんのおなかの中は無菌状態になっていて、その状態によって赤ちゃんは守られているんです。ところが出産時にママの体が便秘状態だと、細菌の影響をあびてしまいます。腸内環境が悪い中で生まれてくると、赤ちゃん自身が便秘になりやすい体質になったり、場合によっては免疫力が低下するなど怖い状況になる可能性があるのだとか…。

 自然分娩の場合、赤ちゃんは産道を通って出てきますよね。この産道に細菌があると赤ちゃんの腸内環境にダイレクトに影響してしまいます。生まれてくるとき、ママの腸内が健康であれば赤ちゃんの腸内も健康である、というわけですね。

これを踏まえて考えると、早く便秘を解消させて腸内を健康に保ち、出産を迎えたいですね。

 ノンカフェインの抹茶で腸内環境を整えよう

妊娠中ですから、むやみに便秘薬を飲むわけにはいきません。

そこでひとつアドバイス!
日常の水分補給にノンカフェインの抹茶を取りいれてみてはいかがでしょうか。

抹茶には豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維の含有量が非常に多いので、体内に茶葉をそのまま摂取することで腸内環境を整えてくれ、便通を良くしてくれますよ。また、妊娠中のママさんが一番気にしているカフェインも、ノンカフェインの抹茶なら、妊娠中でも安心して飲むことができます。

さらに抹茶には、嬉しいことに腸内環境を整えてくれる働きがあるカテキンもたくさん含まれています。

カテキンは大腸まで消化されずに届き、腸内にあるタンパク質を分解してくれる効果があります。この腸内のタンパク質を分解してくれることにより、腸内にいる悪玉菌の増加を抑え腸内環境を整えます。

赤ちゃんを健康な状態で出産するために腸内環境は整えておきたいですから、普段の飲み物として抹茶をぜひ取りいれてみてはいかがでしょうか。食物繊維を食事から摂るとしても限界がありますからね。抹茶なら喉が渇いたときに手軽に飲むことができるので、妊娠中のママさんの便秘解消にはオススメしたい飲み物です。もちろん、ただ抹茶をがぶ飲みすればいいというわけではないので、体重増加を防ぐ意味でも、妊娠中に出来る範囲の運動で体を動かしてあげるようにしましょう。

mama’s Lifeスタッフがおすすめする便秘解消の抹茶はコチラ⇒ 抹茶で妊婦便秘解消?【すっき贅沢抹茶とは】

妊娠中に便秘になると赤ちゃんに悪影響を与えるってホント?

こちらの記事が参考になりましたら是非シェアしてください