ベビーマギングが可愛すぎ!My赤ちゃんをお洒落に撮るコツ

この記事の所要時間: 658

毎日可愛い赤ちゃんの成長を写真におさめていると思いますが、今お洒落なトリックフォトが流行しています。

それが、最近ママさんの間で話題になっている『BabyMugging(ベビーマギング)』♡

遠近法を活かして、赤ちゃんが本当にマグカップにすっぽり入っているような写真が撮影できます。

普段何気なく撮っている写真を、ちょっとした工夫で可愛くオシャレな写真にワンランクUPさせてみましょう♪

マグに赤ちゃん?BabyMugging(ベビーマギング)ってなに?

そもそも、ベビーマギングを知らない人もいるのでは?

もともとはアメリカで大流行したトリックフォトで、赤ちゃんがマグカップの中からニョキニョキっと出てきたような写真になります。

ベビーアートの1つで、寝相アートの流行は記憶に新しいですが、今ではマグカップを使った写真も大人気☆

寝そべっている赤ちゃんにマグカップを重ねて、遠近法を利用して撮影すれば、

 

bonnylynnさん(@bonnylynnn)が投稿した写真

 

Thais Redaさん(@thaisreda)が投稿した写真

 

Ataya 🐢💨さん(@alyahalim)が投稿した写真

 

「ホラ!可愛い写真のできあがり♡」

 

ベビーマギングの撮り方はとっても簡単!

あなたもベビーマギングでお洒落な写真を撮ってみましょう♪

撮り方はとっても簡単です。

用意するもの

まず用意するものは、

  • カメラ(携帯電話やスマートフォン)
  • マグカップ

と、簡単ですぐに準備できるものになります。

撮り方のコツは?

ベビーマギングの撮影のコツはとっても簡単
引用:https://withphoto.jp/feel/special2/

手軽に始められるベビーマギングですが、お洒落に撮影するためにはちょっとしたコツが…。

ここだけは抑えておきたいポイントを、いくつか挙げますので撮る時の参考にしてみてください。

・赤ちゃんは窓側に寝かせてあげて!
撮影者の影が入らないように、赤ちゃんを窓側に寝かせてげましょう。

・背景は壁&壁紙を使ってシンプルにしよう!
赤ちゃんの背景がゴチャゴチャしてしまわないように、できるだけ後ろがスッキリするようにシンプルなものにしましょう。お洒落な絨毯ならそのままでもいいですし、大きめの包装紙を敷いたり、カーテンのレースで窓をバックにしても大丈夫ですよ。

・マグカップにおさまっているように距離を調整しよう!
マグカップに赤ちゃんが入っていないと、ベビーマギングの醍醐味が味わえませんね。ですが、一人で撮影する場合ですと、右手にマグカップ、左手にカメラとなって、これが結構大変なんです!できればパパとママが揃っているときに撮影するとスムーズにできます。どうしても一人で撮影するときは、ちょっとした踏み台などがあれば高さ調整できますので、足元に注意しながら行いましょう。

・カメラレンズのピントは赤ちゃんの顔に合わせよう!
ありがちなのが、レンズから近いマグカップにピントが合ってしまって、赤ちゃんの可愛い顔がボヤけてしまう…なんてことも。赤ちゃんの顔にピントを合わせるようにしましょう。

・マグカップの内側が見えないように撮ろう!
マグカップの内側が見えてしまうと、赤ちゃんがしっかりとマグカップにおさまっていても、リアルな雰囲気がでません。内側が見えないように意識して角度を調整しましょう。

・マグカップを持つ手も入れるとトリック感アップ!
マグカップを持っている手も入れてあげることで、写真全体の雰囲気が出てトリック感がアップしますよ。

あなたもチャンレンジ!工夫次第でいくらでもお洒落に!

工夫次第では、人と差をつけるお洒落なアートが完成

マグカップのデザインの世界観に合わせて、【お絵描きアプリ】などの写真加工アプリを使って雲を描いています。

とっても可愛いですよね~☆

お絵描きアプリは色々リリースされていますが、『Let’s Draw』がとても人気です。

手持ちのマグカップのデザインに写真加工を組み合わせることで、オンリーワンの写真を撮影できますので、写真にひと手間加えてみましょう♪

あなたも可愛い赤ちゃんの写真撮影に、チャンレンジしてみてください(^^)

アイディア勝負!意外なアイテムでおもしろアート!

アイディア次第では色んなフォトが完成します。

例えば、マグカップ以外でベビーマギングを楽しんでいる強者ママさんもいるみたいですよ。

当サイトが発見したおもしろネタをいくつかご紹介しますね♡

 

Ryo235さん(@ryo235)が投稿した写真

まさかのスプーン!

こんなに可愛かったら、食べずに観賞したくなっちゃいますね。

 

 

todays_mukkさん(@todays_mukk)が投稿した写真

生誕100日を祝うお食い初めでの1枚。

こちらは赤ちゃんと家族にとって大切な記念日なだけに、特別感がうまく演出された写真になっています。

 

あちゃ~

カップに飛び込んできちゃったのかな?

頭から真っ逆さまになっちゃっています(笑)

 

 

abigailfaulkさん(@abigailfaulk)が投稿した写真

ディズニーの人気キャラクターのミッキーマウスのマグカップを持っている人は、挑戦してみては。

上半身裸にするなら、男の子のほうが最適かも?

 

 

em!さん(@emitangle)が投稿した写真

マグカップ以外にも、グラスだと閉じ込められている感が演出できますね(笑)

指で掴んじゃうというアイディアもいい感じ♪

 

 

tomoさん(@tomo_14.m)が投稿した写真

赤ちゃん写真で流行っている『オムツアート』と『ベビーマギング』を融合させていて、とってもお洒落☆

SNSにアップしたら拡散必至の自慢の1枚ですね。

 

 

HARUKAさん(@hrk201605102007)が投稿した写真

ポ…ポット…(笑)

ティファールで熱せられるなんて可哀想すぎます(笑)

ちょっと泣き顔の赤ちゃんがなんとも可愛らしいですね。

 

マグカップに飽きたらベビースーチング(BabySuiting)はいかが?

ベッビーマギングの次はベビースーチング(BabySuiting)?

マグカップを使用したベビーマギングの次は、何やらベビースーチングが流行の兆し?

パパやママの大きなスーツを、「ビシッ!」と着こなす赤ちゃんも可愛いですね(笑)

赤ちゃん独特の表情と服装とのギャップがおもしろいです☆

まとめ

いかがでしたか?

毎日、愛しの赤ちゃんの写真を撮っているママさんは多いと思いますが、ユニークでお洒落な写真でもっと可愛い赤ちゃんを撮ってみるのも楽しいかもしれません。

今回わかったのは、マグカップだけじゃなくて、アイディア次第では身の回りの色んなものが使えちゃうということ!

あなたと赤ちゃんだけのオリジナルフォトを撮影して、皆に自慢しちゃいましょう♡

 

こちらの記事が参考になりましたら是非シェアしてください