生まれたての赤ちゃんから早速始めよう【カサカサ乾燥肌対策】

生まれたての赤ちゃんから早速始めよう【カサカサ乾燥肌対策】
この記事の所要時間: 223

赤ちゃんのウルウルお肌はいつまでも触っていたくなりますよね。

ツルツルキレイで柔らかいお肌だからこそ刺激にはとても敏感です。

そんな刺激から赤ちゃんのお肌を優しく守ってあげましょう!

今回は、カサカサ乾燥肌の原因と、対策方法について一緒にみていきましょう(^^)

何が原因でカサカサお肌になっちゃうの?

赤ちゃんが乾燥肌でかゆがる様子は見ているこちらも辛くなります。

乾燥肌は大人も経験があると思いますが、掻けば掻くほどかゆくなってしまいます。

大人だって辛いのですから赤ちゃんならなおさらではないでしょうか。

やはり乾燥しているということは水分量が不足していることが原因となっているようです。

もともと赤ちゃんの皮膚は大人と比べてとても薄いので、肌のおくの水分が逃げやすいんですね。

大人と同じ環境にいても乾燥しやすい、ということを覚えておいてください。

カサカサお肌に最適な正しいスキンケアを

やっぱり水分を与えることが一番適切な方法です。

毎日のスキンケアが欠かせません。

だからといって、ベタベタむやみに与えるのではなく、まずは清潔にすることが第一条件です。

肌が汚れている上からスキンケアをしてもなんの効果も期待できません。

「まずはキレイな肌を保つこと」

その上で赤ちゃん用のスキンケアを使いましょう!

ママも毎朝毎晩スキンケアをしますよね?

同じように赤ちゃんにもぜひ続けてあげてみてください。

毎日続けることで少しずつ肌が丈夫になってきますから。

スキンケアに使うのは水分量や油分量の多いタイプをお使いください。

まずは水分を与えて、その上から乳液をつけると保湿力が格段にアップします。

乾燥肌対策に関する注意点とは?

実は、お風呂上りというのは特に乾燥しやすいです。

これはママさん自身も「顔や手のひら、腕や足などがすぐに水分がなくなった…」なんてこと、今までに体験しているんじゃありませんか?

お風呂から赤ちゃんをあげたら、まずはバスタオルでこすらずにパタパタを肌を押さえるようにして水分をとっていってあげます。

そして、ここが重要ポイント!

お風呂上り5分以内にスキンケアをすると、赤ちゃんの肌に負担がかかりにくいので、湯上り直後はなるべく早めに行うようにしましょう!

お風呂に入れる前に、バスタオルやオムツ、下着などと一緒にスキンケア用品も準備しておくといいかもしれませんね♪

目や口の周りなど粘膜の近く以外は念入りに塗りこむようにしてあげましょう。

目に見えない部分もしっかりケアすることが、赤ちゃんの乾燥肌を守るコツになります。

特に乾燥する季節には、オイルタイプなどの保湿力が高いスキンケアを使うことでカバー力も高めることができます。

赤ちゃん用のスキンケア商品は色々ありますが、赤ちゃん一人ひとり肌質に違いがありますから、あうタイプを見つけてあげてくださいね。

生まれたての赤ちゃんから早速始めよう【カサカサ乾燥肌対策】

こちらの記事が参考になりましたら是非シェアしてください