出産後の尿漏れは自然に治る?対策や早く改善する為の方法

出産後の尿漏れは自然に治る?対策や早く改善する為の方法
この記事の所要時間: 321

妊婦さんの約4割が悩まされる尿漏れですが、出産後も悩まされている人も多いのではないでしょうか。

妊娠中の尿漏れはお腹の中でだんだんと大きくなる赤ちゃんの大きさと重みで膀胱が圧迫されることで起こります。なので”妊娠中はしょうがないか”と思っている人が半数です。

そして命がけの出産、休みなく始まる育児。
そんな中、赤ちゃんを抱っこした時や咳をした時など、ふとした瞬間にちょっとだけ尿漏れしてしまい、
”えっ!?”
と驚いた方もいるでしょう。
まさか産後も続くとは…と落ち込んでしまいますよね。

自然に治るとは聞くけどいつまで続くの?と不安にもなってしまいます。

そこで今回は、尿漏れのメカニズムや対策をお伝えしていきます。

妊娠中・出産後の尿漏れのメカニズム

そもそも妊娠中に多いと言われている尿トラブル。

大きくなった子宮が膀胱を圧迫し、頻尿や突然の尿漏れを引き起こします。出産が終われば子宮も徐々に元の大きさに戻ります。

尿トラブルともお別れだ!
と安心される方もいるはず。

しかし、出産後もすぐに元の大きさに戻らない子宮による膀胱や尿道の圧迫によっても尿漏れは起こります
また、出産により骨盤底筋が緩み、ちょっとしたくしゃみや咳でちょろっと尿漏れしてしまうということもあります。

さらに、高齢の産婦さんは骨盤底筋だけでなく身体のいろいろな部分の回復が、若い産婦さんに比べると時間がかかってしまいます。産後の尿漏れも高齢の産婦さんに多い悩みです。

尿漏れっていつまで続くの?

個人差はありますが、だいたい産後1ヵ月ぐらいで尿漏れは自然に改善すると言われています。

骨盤底筋の緩みも時間をかけて戻っていくので安心してください。
”緩み”と聞いて、”締めないと”と思い、コルセットやガードルを使う方がいますが、尿道や膀胱が圧迫され骨盤底筋に負担がかかり、逆に尿漏れを長続きさせてしまう恐れがあるのでやめましょう。

長引く尿漏れを早く治す方法は?

長引く尿漏れ…。

自然に治るとはいってもできれば早く治したいですよね。
産後1ヵ月たっても尿漏れが続いたり、頻繁な尿漏れが気になる方は、骨盤底筋を鍛える運動を無理せず取り入れてみると効果的です。

運動のポイントとしては、
≪肛門・膣・尿道を5秒間、締める・緩めるを繰り返す≫
これだけです。

寝ながらでも、座ったままでも立ったままでもどこでも出来る運動です。産後すぐは体力が回復していなかったり、傷口が痛んだりと他の身体のトラブルも考えられるので産後1ヵ月ほどたってから無理せずに始めるといいでしょう。

また、おしっこを途中で止めたり出したりすることも、回復を早めるいいトレーニングになります。まずは簡単なおしっこを止めたり出したりすることから尿漏れ対策として取り入れてみるといいでしょう。

簡単に出来る尿漏れ対策

尿漏れ用のパッドがあります。
気になる方は尿漏れ用パッドを使用するといいでしょう。

よく、生理用ナプキンで代用する人もいますが生理用ナプキンは経血を吸うためのものであり、尿と経血では量や質も違います。生理用ナプキンの場合、多量の尿漏れ時は吸収しきれません

経血のとろみをサラサラに維持できるように作られていますが、尿は経血に比べてサラサラの質なので逆戻りしてしまったり、吸収後ベタベタと蒸れてしまうことも考えられます。

それに比べ尿漏れ専用のナプキンは尿吸収のために作られているので、素早く吸収し、吸収後も生理用ナプキンよりは肌心地も良くなるよう考えて作られています。

ナプキンで対策する場合は、
NG:生理用ナプキン
OK:尿漏れ専用ナプキン
ということを覚えておきましょう。

過度な尿漏れ対策よりも無理せず休養しよう

気になる尿漏れですが、骨盤底筋を鍛える運動をすれば早く治すことが出来ます。

しかし、出産育児で疲れている身体に無理は禁物です。
一番良いのは、自然と治るので気になるうちは尿漏れ専用のパッドを使用することです。

骨盤底筋を鍛える運動は体調のいい時に適度に取り入れるようにしましょう。

出産後の尿漏れは自然に治る?対策や早く改善する為の方法

こちらの記事が参考になりましたら是非シェアしてください